シャッターやテレビアンテナの工事を依頼する|専門業者に相談しよう

機能は進化している

工具類

シャッターの歴史を知っていますか

最近では、店舗や工場、自宅のガレージや窓に多く扱われているシャッターですが昔は数少ない商店やお家にしかない貴重なものでした。シャッターは、1837年ごろイギリスで作られましたが今と違い鉄や銅も加工もできませんので、木材で作られていました。そこから、博覧会等で公開され世界的にも評価が高くなり、1896年には日本で初めて日銀でイギリス製のスチール製を取り付けられ防犯対策にも使われ始めました。その際は、鉄格子のようなシャッターで今よりも重く、中が見えるようなものが使用されました。それから、鉄も銅も輸出され使用されるようになり、工場世界や日本でも災害が発生するようになり強度は時代とともに強くなり今では、大きな台風や大雨、素材を強化した防犯対策に火災に強い煙探知システムなどが搭載されました。

今後の有効活用術を紹介します

昔は、横にしかほぼ移動できませんでしたがいまでは防犯対策のほか、あらゆる用途に合わせて作り上げられているシャッターがたくさんあります。たとえば、火事にあってもすぐにとじられるシャッターがあります。通常のシャッターですと、火災の場合は電動では止まってしまい手動で動かすことができる仕組みになっていますが、その際やけどや溶けてしまいがちです。しかし、防災用ですとシャッターそのものの材料が火に包まれても丈夫な素材でできていますので、簡単で安心できる優れものとなっています。また、シャッターには光が入り込まないのが普通ですが最近ではブラインド式の光が入り込めるシャッターもありおしゃれに閉開することができます。このように、これからのシャッターにはインテリアとして扱いやすい特徴や防犯対策で活用できる製品が増えるでしょう。